生活を脅かすゴキブリ【真夏の悪夢に対策を】

驚く女性

穴を塞ぐ

一軒家、マンション、アパートなど住宅の形態は様々ありますが、住宅の形態によってもゴキブリ対策は異なります。一軒家の場合は、まず家の構造を知ることが大切です。ほとんどの家には、玄関、換気扇、窓、排水管があります。このような室内と外の境目となっている部分は、ゴキブリの通り道となっています。家を作る段階では、排水管の大きさというのは決まっていません。そのため汎用性を考えて、家の床に開ける穴は大きめに作られています。大きめに作った穴は、排水管を通した後はパテ等で塞ぎます。しかし、業者によっては、穴を塞がずにそのままにすることもあるのです。この穴が、ゴキブリが外から侵入してくる道になります。特に、キッチン、シンクなどの排水管用の穴は塞がないことが多いです。このような穴は、合計で5つです。洗濯機用、キッチン、トイレ、お風呂、エアコンです。この5つの穴をしっかり防ぐことが、外から室内にゴキブリが侵入する1つの対策になります。

家の中で特にゴキブリ対策をした方が良いのが、キッチンです。キッチンはゴキブリの最大の侵入経路だからです。しかし、キッチンというのは、中が見えないので、多くの人が対策をしていません。大量にゴキブリが発生している場合は、床下のパイプを通す穴を確認しましょう。この穴は、配管やキッチンの備え付けの時に、業者が埋めてくれますが、中には放置する業者もいます。これを回避するためには、キッチンを外してパテ等で埋めたり、ハーブやアロマなどでゴキブリ対策をした方が良いです。